夢中丸航海日誌

KAT-TUNの中丸雄一くんに夢中なヒメジョオンの日誌です
星屑いっぱいの大海原に出て帆を上げた夢中丸
乗り込めたおかげで、目を開けて夢を見ています
屁理屈と絶賛、白昼夢、硬軟取り混ぜ語ります
<< 聖の離脱に思う | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
新しい年 新しいKAT-TUN
 新しい年、2014年。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

とはいえ、ひとつ前のをいつ書いたのか、すっかり忘れるくらいほったらかしでした。
昨年は、公私ともにいろいろとあり、
癒しと気晴らしを求める彼らにもそれが叶わず。

そんななか、毎週の「シューイチ」で見せてくれる中丸くんの安定ぶりと、
戦隊ヒーローもののような変身シーンの登場する
(あの音楽が耳についてます)
青/白中丸くんのどSっぷりに、とてもとても救われました。
白シャツにベストという私の好みどんぴしゃの格好といい、
生真面目でちょっと胡散臭いナレーションといい、
大変楽しいドラマでした。
最終回を観た後、宝塚みたいだわと感想を書こうと思ったのですが、
まだ書いてませんね。

それはまたおいおい、、、といいつつどうなるかわかりませんが。

今、年の初めに再びここに書こうと思わせてくれたのは、
今日の「シューイチ」で4人のKAT-TUNの姿を見、
ひとりひとりの言葉を聴き、彼らの真摯な姿勢に心打たれたからです。




・・・・・・

カウントダウンコンサートが大阪であればなぁと思っていたところへ、
KAT-TUNがやってくれるというので、飛びつきたかったのですが、年末はやはり無理で。
年始ならば比較的自由がきくかもと思ったのですが、お江戸までは行けず。

そんなわけで、4人になった彼らのコンサートへの取り組みの様子を見たのが、この「シューイチ」が初めてになりました。

風の噂で、ライブでの膨大なセットリストを聞き、耳を疑っていたのです。
が、本当に、6人のときの歌も5人のときの歌も4人で歌ったんですね。
それに、いつものドッカ〜ンキャ〜〜〜っていう始まりではなく、
神妙な挨拶から始めたとは!
やるな、おぬし、、、と心の中で呟きました。
そうか、そうきたか、、、というのは、
すべてにおいて、4人で取り繕うのではなく、
6人から5人、4人となった傷口を彼ら自身がしっかり見つめて、
俺らの歩みはこうなんだと提示してきた姿勢に対して。

ここ数年来のファンである私は、中途半端な5人だった時期も、
完全に5人になった時期も見てきています。
彼らなりに納得がいってるかどうかで、
たぶんこちらに伝わってくるものも違っていたのでしょう。

音楽的には、私が最初におもしろいなぁと惹かれた多彩な部分を受け持つ、
赤西仁と田中聖がいなくなった痛手は測りしれないほど大きいと感じます。
一ファンである私がそう感じるくらいなので、
彼ら自身は口に出す出さないはあっても当然感じているはず。
で、そこをどう誤摩化すのか、取り繕うのか、ツッパって平然としているのか、
と危ぶんでいたら、そんなことはしなかったのでした。
傷口を曝しちゃったのでした。
天晴れ。

そうやって一見弱みを見せたようでいて、
実は強く自分を持っていないとできないことで、
勇気がないとできないことをやったよな、と思い至ったとき、
うまくこちらの懐に忍び込んできました。
参りました。

わかった、わかったよ、わかりました。
彼らの、人心を操る術はすごい。巧みだ。
解散はしない、ならば生き残るにはどうするか。
そんな彼らの本気を垣間見せてもらいました。

すばらしいKAT-TUN、
そしてすばらしい「シューイチ」の密着取材。
ありがとう。
これからも楽しみにしています。


| KAT-TUN | 23:28 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ J-information
+ コメント/リンク/トラックバックについて
ご訪問、ありがとうございます。
コメントを残してくださる場合、ハンドルネームをご記入ください。 url、メールアドレスのご記入は自由です。 非公開をご希望の方は、その旨、お書きください。
現在、すぐにお返事できない状況にありますので、ご理解ください。 また、個人情報など不適切な内容を含む場合、非公開にするか削除する可能性もありますので、ご了承ください。

私のブログは、リンクフリーではありません。
私のリンクには、私が今までに何度も訪問したことがあり、ご本人の了解をいただいたところのみ、載せています。
このようなブログですが、リンクを貼りますよという方は、ひと言お知らせくださるようお願いいたします。ただし、ブログの利用規約の禁止事項に該当するような行為のあるところはお断りさせていただきます。ご了承ください。 よろしくお願いいたします。

現在、トラックバックは受け付けていません。ご了承ください。
+ ゆっちお誕生日記念に誕生《ゆち姫》 《まるぺ》
あわせて読みたい
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ